Home | News | Back 増尾好秋Webサイト
 News&Topics Archive

〜2000年 | 0102-03 | 04 |最新Newsへ

過去のお知らせ(トップページとNewsページ記事)です。ライブの記録については、Reportsページをご覧ください。

▲上が新しく、▼下が古い

渡辺貞夫のFM番組、増尾とのNYセッションは4月第1週に放送 (2003/4/2追記)

「サダオさんが新しいアルバムのレコーディングでこちらに来るのでついでに彼の FM 番組をつくることになりました」(増尾) ということで、The Studio (増尾さんのスタジオ)で2月4日の夜8時から深夜にかけてセッションが行われました。
メンバー: 渡辺貞夫(as)+増尾好秋(g) +Bill Maysトリオ
      
※Bill Maysトリオは、Bill Mays(p), Martin Wind (b), Matt Wilson (ds)
録音:2月4日 at The Studio、   録音エンジニア: Jim Anderson
放送:4月5日(土) 渡辺貞夫Nightly Yours
この番組は地域によって放送曜日・時間帯が異なります。お聴きの局の放送時間帯をご確認ください。1時間番組ですが、東京FMでのみ短く編集されて、4月6日(日)深夜25:30〜26:00放送の30分間ダイジェスト版となっています。
「曲は貞夫さんのオリジナルを中心に演奏され、とてもリラックスした楽しいものとな りました。増尾さんと貞夫さんのお付き合いは30年以上となりますが、今回も互いの友情を確 かめ合えたいいセッションになったと思います。番組を楽しみにしていて下さい。」(番組担当の方より)  
演奏曲目(2003/5/2追記): 1. Waiting Song  2. Deep River  3. One for you 
 4. Old Photograph  5. Requiem for Love (東京FMでは 3. 2. 4.の順で3曲のみ)
 ほかに、番組のミニコーナーで、『ジャスト・ライク・オールド・タイムス/増尾好秋』リミックス版から Good To Be Here がかけられました(掲示板の#1102にそのときの貞夫さんのトーク)。

ニューヨークのブルーノートに12月22日午後と12月24日夜 出演! (2002/11/27記)

2002年12月22日(日) は、午後 12:30〜 &  2:30〜 (Sunday Brunch)
  Yoshiaki Masuo  with Bill Mays Trio:Yoshiaki Masuo, guitar;
       Bill Mays (piano), Martin Wind (bass), Matt Wilson (drums)

2002年12月24日(火) は、夜 8:00〜 & 10:30〜  クリスマスイブ☆彡
 
East Meet West Japanese Christmas at the Blue Note
 JazzCity Four: Yoshiaki Masuo (guitar), Bill Mays (piano),
       Ron McClure (bass), Tim Honer (drums)
         ※ ドラムスが Lenny White から Tim Horner に変わりました。
                クリスマスイブにメンバーを集めるのはたいへんだったそうです。
Blue Note New York: 131 West 3rd Street (212-475-8592)

日本レコード協会加盟各社主催 『新品CD大ディスカウントフェア (2002/10/26アップ)

期間:10/31〜11/13(閲覧は既に10/15から)http://fair.jmd.ne.jp/info.html
廃盤CDの処分が主で、70%OFFです。早い者勝ち。配送料は全国一律420円(税込)
●2002年10月31日(木)午前9時スタート
邦楽CD(J-POP、演歌・歌謡曲、バラエティ)、VHSビデオ、DVD、アナログレコード、LD
●2002年11月5日(火)午前9時スタート
洋楽CD(POP・ロック、ジャズ、クラシック、バラエティ、輸入盤)

【取り扱い品例】:
●増尾好秋 セイリング・ワンダー KICJ-8282 \514 (※24ビット・リマスタリングの最新版ではなく、その一つ前)
●ケネディ・センター・コンサートVol.1 KICJ-325 \815 (増尾が5曲に参加)

East Windレーベル全72作品 1ビットDSDリマスタリング完全限定CD化 (2002/10/11記)

sullivan50.jpg (1818 バイト) 111サリヴァン・ストリート/増尾好秋
ユニバーサル UCCJ-9030 \1,429 税込\1,500 ネット注文は:Amazon
pamoja50.jpg (1894 バイト) パモジャ/渡辺貞夫
ユニバーサル UCCJ-9023 \1,429 税込\1,500  ネット注文:Amazon
(増尾のギターソロも聴き所。 → FmMasuo 2003年6月の文 参照)

イースト・ウィンド・マスターピース・コンプリート・コレクション
初の全72タイトル完全限定CD化。
オリジナル・アナログ・マスターから1ビットDSDリマスタリング
オリジナルLPジャケットを忠実に再現した紙ジャケット仕様 税込み\1,500
第1回発売分20タイトル:9月25日発売
第2回発売分20タイトル:10月23日発売 →  111 Sullivan Street と Pamoja 発売
第3回発売分16タイトル:11月20日発売
第4回発売分16タイトル:12月18日発売予定

『Masuo Live』 ついに初CD化! (2002/2/24アップ, 2002/08/13更新)

masuolive50.jpg (2131 バイト) Masuo Live/増尾好秋
ローヴィング・スピリッツ/エレクトリック・バード
RKCJ-6010 \1,886 (2002/10/23発売)  お近くのCD店で! Amazonでも購入できます

ファンの間で待ち望む声の強かった『マスオ・ライブ』が初CD化されます。
1980年にニューヨークから自己のバンドを引き連れて来日したコンサートツアーのライブ録音で、増尾のホットなエレクトリックサウンドが聴けます。
メンバーは、マイルスのバンドで演奏したこともあるモンスターベースT. M. Stevens(今はファンクの人)や、実弟の増尾元章 (g)、Victor Bruce Godsey (keyb)、Robbie Gonzales (drums)、そして増尾夫人Shirley Masuo (perc) 。
ローヴィング・スピリッツ/エレクトリック・バードから、
伝説のElectricbirdレーベル復刻!<Super Fusion Master Series>
の中の1タイトルとして、10月23日リリースの予定です(販売は3Dシステム)。
ローヴィング・スピリッツからは、すでにここでお知らせした通り コンピレーション・アルバムJazz In The Cafes シリーズが発売されており、このシリーズには増尾さんのエレクトリックバード・レーベル作品が何曲も収録されています。ローヴィング・スピリッツによるとJazz In The Cafes シリーズでフィーチャーして以来、増尾好秋の問合せが多数寄せられ、ファンの皆様の声に答えるつもりで復刻CD化のライン・アップに加えました」(ローヴィング・スピリッツ)とのこと。

SJ誌 【名盤蒐集クラブ】選定 Just Like Old Timesリミックス盤発売(8/14更新)

Just Like Old Times remix (クリックすると詳細データ)  ジャスト・ライク・オールド・タイムス/増尾好秋
徳間ジャパンコミュニケーションズ
Jazz City Spirit TKCB-72407 \2,100 (2002/8/21発売) 注文:Amazon / Tower

増尾にとってかつての師でありプロとして最初に属したバンドのリーダー渡辺貞夫(as)。そして渡辺貞夫グループに同時期在籍した朋友、鈴木良雄(b)。この二人を1992年秋ニューヨークのスタジオに招いて20年ぶりの再会録音セッションが行われました。翌93年にアルバムとしてリリースされましたが、音やバランスなどに満足いかず気にしていた本人は、2002年に再発が決まってからこれをチャンスとばかりにリミックス作業に入り、納得のいくまでやり直しました。 (→以前に本人からコメント[From Masuo]の2002年ページ)。 オリジナル盤より格段に音が良くなっています。また、ボーナストラックとして、本人が歌った "You Make My Love Burn Bright" ボーカルバージョンが追加されています。Swing Journal 【名盤蒐集クラブ】選定作としてSJ誌8月号に4ページ、9月号に2ページの記事が掲載されました。リミックスについて 「増尾のギタートーンがいっそう粒立ち、リズム陣を含めたグループのサウンド全体が、いっそうタイトなまとまりをもって響いてくる」(岡崎正通氏 SJ誌8月号より)とあります。
リミックスで積年の思いを果たされたご本人に、皆様からリミックス盤の感想をお寄せください。この作品を初めて聴く方も、オリジナル盤から知っている方もひと言お願いします。

Jazz City Spirit から 百々徹のDoDo 2002/9/26 発売 (9/18アップ)

増尾のプロデュースにより、NYで活躍する期待の若手ピアニスト百々徹 (どど とおる) のCDが発売されました。ジャズ誌で絶賛されています。買って聴いてください。
「すばらしいピアニストが登場した!」「明らかに傑作」(Swing Journal誌10月号 CD評より)

dodo50.jpg (2533 バイト) DoDo/百々徹 徳間ジャパンコミュニケーションズ
Jazz City Spirit TKCB-72432 \2,718 (2002/9/26発売)
百々徹(p), ルーベン・ロジャース(b), ジョン・ラムキン(ds) ネット注文は:Amazon / Tower

 →百々さんのサイトへ

ニューヨークのブルーノートに6月2日午後出演! (2002/5/21アップ)

Blue Note New York では、昨年9月11日のテロ事件以降なくなっていた
Sunday Brunch (日曜午後の演奏) が6月2日から再開されることになりました。
この日曜午後の部では "EAST MEETS WEST" と題したスペシャル ブランチ
シリーズが企画され、その第1弾として増尾がビル・メイズ3と出演し、
Sunday Brunch のオープニングを飾ります。
YOSHIAKI MASUO with BILL MAYS TRIO
メンバー:Yoshiaki Masuo, guitar;
      Bill Mays, piano; Martin Wind, bass; Matt Wilson, drums (Bill Mays Trio)

■ 『Just Like Old Times』再発にあたってリミックス中(2002/2/10アップ, 7月更新)

増尾がTony Ariga氏とプロデュースした ポニーキャニオン の Jazz City シリーズが再発されましたが(30タイトルのうち20タイトル)、これに続いて、徳間ジャパンコミュニケーションズJazz City Spirit シリーズも再発されます(6タイトル中 5タイトルが2002年8月21日に)。その中の一つが、92年に渡辺貞夫(as)さんと鈴木"チン"良雄(b)さんを NY の The Studio に招いて録音された増尾さんの 『Just Like Old Times』です。
これの再発にあたってご自身でリミックスされています (→From Masuo の2002年ページ)。

リラクシング・コンピレーション・アルバム Jazz In The Cafesシリーズ (2002/2/25更新)

2000/10/10 から隔月でリリースされているコンピレーションもの Jazz In The Cafes
シリーズ(発売:Roving Spirits Co.,Ltd. 販売:株式会社キングインターナショナル )に、
増尾さんの作品が何曲も含まれています。詳細は→Jazz In The Cafes
第2弾 2001年3月16日発売 RKC-1002
   恋する心にジャズ・ボッサを!Jazz Bossa & Latin Grooves
    8. Deanna/ Yoshiaki Masuo
第4弾 2001年7月23日発売 RKC-1004
   シーサイド・インテリア Seaside Interiours
    10. The Song is Me and You/Yoshiaki Masuo
第6弾 2001年11月22日発売 RKC-1006
   クール・ボッサ&ラテン・グルーヴ Cool Bossa & Latin Groves
    2. Good Morning/Yoshiaki Masuo
第7弾 2002年1月21日発売 RKC-1007
   週末のドライブ・ミュージックはこれ!! Weekend Drive
    1. Because Of You/Yoshiaki Masuo
    8. Dealing With Life/Yoshiaki Masuo

第8弾 2002年3月20日発売 RKC-1008
   スロウ・ミュージックに酔いしれて・・・ The Slow Groves
    3.(I'm Still) Believing In Dreams/Yoshiaki Masuo

〜2000年 | 0102-03 | 04 | 最新Newsへ

Home | News | Back Top of this page