増尾好秋バンド "Power Spot" について

 

当ページは 2012年秋から2013年秋までの 旧 メンバーについてです。
現行メンバーの Power Spot については、常に最新メンバーを紹介する → 最新 Power Spot ページをご覧ください 。

 

Power Spot -- 増尾好秋が自身のオリジナル曲を演奏するため2012年に日本で結成したバンド。以前のフュージョン アルバム群に収録された数々の人気オリジナル曲は、約30年の間ほとんどライブで演奏されなかった。Power Spot ではそれらを含む 新旧オリジナル曲を演奏!

※このメンバーでの演奏の動画は公開を終えました。

 

2013年秋のメンバー (2012年秋より)
増尾好秋 (g), 黒瀬香菜 (keyb), Gregg Lee (el. b), 横山和明 (ds)
                 +ゲスト海老原淳子 (vo, 他)

Junko Ebihara
<
  各メンバーについて

増尾 好秋 (guitar/vocal)

Yoshiaki Masuo


東京都中野区生まれ。日本ジャズ界の草分け的存在だったピアニスト増尾博を父に持ち、幼少の頃より音楽に親しむ。早大モダンジャズ研究会在籍中に渡辺貞夫グループの正式メンバーに大抜擢されてプロ入り。一躍スター的人気を博す。1971年にニューヨークへ渡り、モダンジャズの巨匠ソニー・ロリンズのバンドに通算6年間在籍するほか、リー・コニッツ、エルビン・ジョーンズなど数々の ビッグアーティストと共演し「世界のマスオ」として活躍。70年代後半から、初めて組んだ自己のバンドで次々とヒットアルバムを制作。人気を不動のものとする。感性のままナチュラルで伸びやかに歌うギター、幅広い表現力、その音楽性は懐が深い。ジャンルを超越したそのギタースタイルは、その後、多くの若手ジャズギタリストにも影響を与えている。自然体で飾らない人柄、人懐っこい笑顔に魅了されるファンも多い。85年よりニューヨークに本格的なレコーディングスタジオを所有し、知る人ぞ知る名プロデューサーとしても名を馳せる。スタジオでの仕事が忙しくなり思うように音楽活動できない時期が長かったが、2008年、スタジオ閉鎖により100%ギタリストに復帰し、演奏活動を本格的に再始動。同年に自主レーベルSunshine Ave. Label (masuomusic.com)を設立。レーベルから『Life is Good』, 『I'm Glad There Is You』を発表。現在もアメリカに在住し、来日の折には日本でも精力的に演奏活動を展開している。(→HP)

黒瀬 香菜 (organ/keyboard)

Kana Kurose

北海道苫小牧市生まれ。洗足学園音楽大学ジャズ科卒業。
3才からエレクトーンを習い始め、幼少の頃よりステージに立つ。ヤマハエレクトーンコンクール全国大会にも出場。洗足学園音楽大学ジャズ科に入学後、ギタリスト道下和彦氏に才能を認められ、氏のバンドにサポートメンバーとして迎えられる。この頃より本格的に音楽活動を始め、数々の著名なミュージシャンとも共演する。2010年に、リーダーアルバム、Sp-Uni をリリースし、好評発売中! その並外れたリズム感と、確かなテクニック、音楽的な幅の広さには定評がある。また、キュートで明るく、楽しいその独創的なファッションでも客席を楽しませてくれる。現在は、リーダーバンドの Sp-Uni、道下氏との canatrio を始め、様々なバンドで都内近郊を中心に活動中。作曲やアレンジにも精力的に取り組んでいる。(→HP)

グレッグ・リー (bass)

Gregg Lee

カリフォルニア州バーバンク生まれ。

幼少の頃よりピアノやバイオリン、ギターを習うが、バンド結成の際にベースに転向。J.F.ケネディ高校で音楽を専攻し、在学中よりプロとしての活動を始める。ガボール・ザボなどと共演を重ねた後、伝説のフュージョングループ "カルデラ" のメンバーとなる。"カルデラ"解散後、"タキオン"のメンバーとなり初来日。その後は"ネイティブ・サン"、"渡辺香津美Mobo"などのメンバーにも迎えられ、日本のトップ・ジャズ・ミュージシャンとも多数共演し、人気を博す。また、矢沢永吉、加山雄三、森山良子などのツアーに参加するなど、そのサポート力も買われ、多方面からの信頼も篤い。6弦ベースを自在に操り、そのグルーヴは人々を高揚させると共に、ムードメーカーとしての彼の存在も貴重である。単なる演奏者に留まらず、その幅広い音楽性でジャンルを越えた世界を創造し、言わばスーパーベーシストとして様々な音楽シーンでの活動を展開している。(→HP)

横山 和明 (drums)

Kazuaki Yokoyama

1985年、静岡県静岡市生まれ。
幼い頃より音楽に親しみ、3歳から早くもドラムを始める。中学時代にジャズに目覚め、地元静岡でライブ活動を開始。県内外の多くのミュージシャンと共演する。17歳で渡辺貞夫カルテットのツアーのメンバーに抜擢され、ジャズ界の注目を集める。翌年のツアーの模様は、NHK のドキュメンタリー番組『にんげんドキュメ ント』にて放送された。高校卒業後に上京し、数々のジャズミュージシャンのグループにメンバーとして迎えられ活躍。また、様々なミュージシャンのレコーディングにも参加している。音に繊細で敏感な感性を持ち、誠実なリズムと、若さに似合わず落ち着いたそのドラミングには定評がある。そのサポート力も買われて、日本のジャズシーンには無くてはならない存在になりつつあり、若手ドラマーとして人気上昇中!(→HP)

スペシャルゲスト:
海老原 淳子 (vocal 他)

Junko Ebihara

栃木県足利市生まれ。日本大学文理学部英文学科卒業。
4歳からオルガンを始め、9歳の時にジュニアプレイヤーとしてデビュー。12歳でビクトロンコンクール全国大会で優勝。大学在学中にアニタ・オディを聞いてジャズに目覚める。故宮川泰に見出され、以前から好きだった歌でデビュー。 その後、日本を代表するジャズミュージシャンとの共演で徐々に力をつけていくと同時に、ピアノの弾き語りでも独自の世界をも築いていく。作詞や作曲・編曲にも力を入れ、増尾好秋氏のプロデュースのもと NY で録音した CD "Without You (2008)"、"I Wish~私の願い(2011)" を発表。共にサンシャインアベニューより好評発売中!日本人離れしたフィーリング、小柄な身体から発するパワフルでパンチの効いた歌声は、多くの人の心を捕らえてやまない。その唄い口・唄いまわしはストレートに心に響く。幅広いレパートリーに加え、歌のみならずジャジーでポップ且つファンキーなピアノや、オチャメでジョークの効いた話術などでもファンを魅了している。2010年で歌手生活25周年を迎えるにあたり、故郷の栃木県足利市を中心に25箇所の慰問演奏や、地域活動へも協力。以後も福祉活動にも積極的に取り組んでいる。(→HP)

 

Power Spot の公演スケジュール
                ※増尾好秋のスケジュール詳細は News ページをご覧ください!!

●最新 スケジュールは News ページをごらんください。

 

   増尾好秋Webサイト Home | News | Bio > Power Spot | Reports | About this site (Contact)