増尾好秋ギターインタビュー2000 by Sunshine Road (2)

右フレーム内の List 1:各ギターの外観
List 2:各アルバムに使用したギター) を参照。
■スタジオ洪水事件

増尾: 1994年の話しなんだけど、(NYのソーホーにある)僕のスタジオが事故で洪水になっちゃったのね。それは真冬の1月でものすごく寒かったの。で、僕のスタジオはビルの地下にあるんだけど、ビルのスタジオじゃない部分がちょうど歩道の下みたいな位置にあって、そこには電気のメーターとか水道のメーターとかがあるんだ。その頃、ビルの管理人がちゃんとしてなくて、ホントはそこにヒーターとかがなくちゃならなかったんだけど何もなかったんだよね。だから寒くて、近くにあったスプリンクラーの管が凍っちゃったんだと思うんだ。それが凍ったもんだから、破裂して洪水になっちゃったんだよね。
 僕はその時にスタジオで二日間のレコーディングセッションをやってた。最初のセッションが終わって、みんなが引き上げた次の日のお昼くらいにピアノの調律師が来るからってんで僕はスタジオに戻ってきたんだけど、もう、その時には洪水になってたの。スタジオの外に水がもうこれくらい(腰の高さ近く)あった。

━━ じゃ、あの地下に降りて行くらせん階段の所まで水浸しになったんですか?

増尾: 階段を降りてきてもう、最初は水だとはいくら何でも思わないじゃない? そんな所に水があるってさあ。降りてきたら誰かがゴミでも散らかしたんだと思ったんだよね。でも、よくみたら水なんだよね。水の上にゴミが散らかってたわけ。バーッ と浮いてたの。「何これ!?」ってさあ。ピアノの調律師も来て、それを見て「何これ!?」ってね。それでもう、すぐ消防署に電話したりとか大騒ぎになって、外からポンプを入れたりしてさ。でも、最初は何処から水が出てるか分かんなかったの。おまけに冬で寒いから誰も水の中になんか入りたがらないじゃない。だから、4〜5時間してから僕がCanal ストリート っていうチャイナタウンの方に行って、Army Navy っていう(軍隊の古いアイテムなどを売っている)店があるんだけど、そこで、釣りなんかの時に使う胸まであるゴム長靴みたいなのを買ってきて、それを着てもらって水の中に入ってもらったわけ。それから、僕のスタジオじゃない方のドアを開けたら、そこからさらに水が ドーーッ と来たわけ。「あ〜じゃぁこっちだ」って彼が言って、それでやっと水の出どこが判ったわけ。それからスプリンクラーの元栓を止めて、やっと水がだんだん引いてったんだけどね。夕方の6時ぐらいかな?水がだいぶ引いたんでさ、今度はスタジオのドアを開けたら、スタジオの中のほうは、膝くらいの高さまであるわけ。だからスタジオにジワジワと水が入ってってたわけね。ドア開けたらもう、水に浮いたギターとかテープとかブワーッ!って出てきてさ。その時に15本ぐらいギターを全部ケースに入れて壁に立て掛けてスタジオに置いてたんだけど。

━━ じゃ、殆どのギターが水に浸かったんですか?

増尾: その時に水に浸かんなかったのは、ES-175[1] と、あとクラシックギター[11] ぐらいかな。

━━ じゃあ、SG[7] とかも?

増尾: うん。レスポール[3]も、ジョニー・スミス[6]も、グレコ[5]やSA[9] はもう、全部浸かった。でも、殆どが立てかけてあったから、うまい具合にネックの部分は濡れなかったってのもあるから、そういうギターは大丈夫だった。箱系(アコースティック)のギターは全部ダメだけどね。レスポール[3] はすぐ乾かして大丈夫だったけど、まな板の様なもんだからね。でも塗装がちょっと剥がれた。それとペンサ・サー[10] も塗装がちょっと変になったけど、クリーンナップして何とか持ちこたえた。箱のギターは12弦ギターを含めて、いろんなのがあったけど、そういうのはもう全滅。

━━ それらのギターはどうされだんですか?

増尾: まだ持ってる。(笑)
ジョニー・スミス[6] も誰かうまい人に見てもらえば直せると思うんだけど、ものすごい金もかかると思うし、今はまだとりあえず何にもしてない状態。
 でも、その事故当時の正直な気持ちは、あんまりショックでも何でもなかった。なんかギターが1台か2台になって、かえってすごいスッキリしたっていうかさぁ。もう全然「いいや!」って思った、ホントの話。 ギターはたくさん持っててもね。

━━ 結局、弾くのは限られますからね。

増尾: そう。それに僕はこのES-175[1] がすごい好きだったしね。それとレスポール[3] が大丈夫だったしさ。また昔の状態に戻ったって感じでね。ホント正直な話、全然何でもなかったなぁ。でもこのギター[1] もいっちゃったりしてたら、そりゃきっとショックだったかもわかんないけど。そんなわけで、その後はメインにレスポール[3] を弾いてたのかな。でも今は、またこれ[1] に戻ってるけどね。


→続き (3)奏法,アンプ,etc.

[ < インタビュー目次]  ▲ Scroll to Top

Home | Guitarインタビュートップ (←Web検索でいらした方はトップから) 増尾好秋Webサイト