Home | News | FmMasuo/blog | Report

> English

増尾好秋 Webサイト BBS

(全過去ログ) | [<<Older] [Newer>>] Page 6/6


増尾さんもご覧になっています / [ヘルプ]

件名:

本文 (使える飾文字):

お名前:   Email(省略可):
Password(後の修正用.半角英数4-10字): |
URL/City(省略可):


#4314 スケジュールの詳細変更 Posted by 管理人 Kaco  2021/10/21 01:15 [Edit]

11月16日 Body&Soul のお店の場所やメンバー追加について#4311 に書きましたが、さらに
 チンさんがリーダーの予定だったところ、増尾さん名義に変わったそうです。
 増尾好秋(g), 酒井麻生代(fl), 鈴木良雄(b), 横山和明(ds)

11月17日 (水) 横浜 Dolphy は、最初 チンさんとのデュオになっていましたが、
 岡部洋一(perc) さんも加わったトリオに変わりました。
 鈴木良雄(b), 増尾好秋(g), 岡部洋一(perc)


#4313 Re: 行ってきました 神田 Lydian Posted by 管理人 Kaco  2021/10/21 01:00 [Edit]

とつき さん、
ハワイや柿のお話、ありがとうございます。

MAGATAMAは、そうですね、私の記憶でも2016年からだと思います。

と ここまでタイプしたところで、今 過去のスケジュールページを確認しに行ってきましたら、確かに
2016年10月12日に MAGATAMA 始動とありました。元章さんがゲストに駆けつけてくださったときですね。

まだまだ「MAGATAMA」でやっていただきたいと私は希望します。
バンド名もメンバーも気に入ってます。 
けど、増尾さんのそのときそのときのお気持ち次第なのでしょうね。

私にとって今日のライブは、
たまたま7月下旬から増尾さんのDUOばかり3本立て続けに聴いた後だったので、
久しぶりの MAGATAMA は、やっぱりいつものメンバーのカルテットでオリジナル曲中心というのは
魅力だな~ と 実感した次第です。(デュオのときも もちろんオリジナル曲やってくれますが)

増尾さんのオリジナル、好きな曲ばっかりですし、
それに、MAGATAMA で演奏される 幹子さんのオリジナルもいいですね。
そのほかにも、バド・パウエルのやってた Wail とか ノー モア ブルースもありましたね。
ノー・モア・ブルース でもギターがすごく歌ってたな~
… と具体的なことを書き出すと あれもこれもと いろいろ長くなりそうなので、
この程度にしておいて書き込みます!


#4312 行ってきました 神田 Lydian Posted by とつき  2021/10/20 23:25 [Edit]

久しぶりのMAGATAMA。

#4302 で、「増尾さんは今ハワイ」との情報に、「バカンスですか?」と聞いてみたら、なんと
ペンシルベニアを引き払って今はロサンゼルスに居るけれど、次の落ち着き先として長期滞在して
色々リサーチしていたそうな。 でも、コロナ収束を見越した先物買いのためか、物件が高騰・
払底していて、「今はタイミングじゃないかな、と思っているところ」とのこと。 確かにハワイ
は日本とロサンゼルスの中間点ですもんね。 増尾さんとハワイ。 似合っている。

そしてもう一つ盛り上がったのが、「今年は柿が不作」という話題。 増尾さんのところの柿が
「不作で10個程しか成っていない上に鳥に食べられている」との事でしたが、それは我が家の柿も
同様で、毎年恒例の柿献上ができない旨をお詫びしました。 ここ数年で初めてのことです。

MAGATAMAも、もう5年になるのですよね、たぶん。 初めて観たのが神戸単身赴任時代だった
から、2016年だと思います。 5年。 早い? まだまだ?


#4311 初日10/18@AG22 & 11/16について Posted by 管理人 Kaco  2021/10/19 18:37 -> Edited 23:32 [Edit]

夕べ、行ってきました高円寺 AG22。
井上智さんとのギターデュオでした。

増尾さんにとっては 2カ月半ぶりの日本でのお仕事でしたが、
おなじみの共演相手 智さんと素晴らしいデュオを聴かせてくれました。
東京都のリバウンド防止措置期間ということで夜9時までだったのですが、
以前の夜8時までよりはゆっくりたっぷり味えて、ありがたいことだな~と 感じました。

智さんの Facebook 投稿に、昨夜のお二人の写真があります。→ こちら
お写真、いい表情ですね!(お店のママが撮ってくださったのかな?)
智さんは、
> たまたま、Frank FosterのマイナーブルースSimone をやりませんかと持っていったら、
> 増尾さんは昔にエルビンのバンドにいたころやった事あるよと言って、
> ほとんど譜面を見ずにメロディとソロ、伴奏と、素晴らしい演奏を展開してくれました。さすがです!

と、書かれています。 この曲の演奏、カッコ良かったです!
そしてこの曲に限らず、1曲目から、お二人の織り成す音が刻々と自由に変化しながらも
常にシームレスに見事噛み合っているような素敵な温かい音空間でした。


さて、スケジュールについて ちょっと訂正があります。
11月16日 (火) Body&Soul (チンさん、酒井麻生代 さんと) について、
まず、お店のHP によると、メンバーにもう一人 横山和明(ds) さんが参加されるようです。
それと、お店の場所を私がうっかり これまでどおり「南青山」(以前の場所) と書いていましたけど、
お店は移転して、10月10日から「渋谷」で 営業されています。
渋谷の公園通りのほうで、ハチ公前から徒歩7~8分くらい。便利な場所ですね。
行かれる方はどうぞお間違えなく。


#4310 Happy Birthday! Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/10/12 02:21 [Edit]

増尾 さん、

お誕生日おめでとうございます ☆彡 🎉

今もお元気で意欲的に演奏活動してくださっていることが、
ファンとしてほんとに嬉しいです。

ずっとお元気でいられますように。


P.S. 近いうちにライブでお目にかかれるのを楽しみにしています。


#4309 増尾さんご来日 Posted by 管理人 Kaco  2021/10/05 15:15 [Edit]

増尾さんは10月1日に日本に到着されているそうです。
ちょうど台風16号のなか、成田行きの増尾さんの便は、着陸を2度 試みるもいったん断念。
上空を旋回して状況の改善を待ってみた後、結局 行き先を羽田に変更して
ようやく着陸されたとのこと。気を揉んだことでしょうね。これに2時間。
しかも、入国手続きにも2時間ほどかかったとかで、本当に大変な移動だったみたいですね。
なんとか無事に到着して入国できて、よかったです。
増尾さん、ほんとうにお疲れさまでした。

みなさま、
スケジュールのほうは、地方ツアーの11月3日と11月21日が残念ながら中止になりました。そして
11月27日 銀座 Cygnus 吉原さんとのデュオが追加で入っています。

今回の日本でのお仕事は、初日が10月18日 高円寺AG22での井上智さんとのデュオです。
当日の開演時間がまだ決まっていないそうで、わかりましたら スケジュールに記入しますね。


#4308 Re:1994年NYでのコンサートの動画(増尾さん参加) Posted by 管理人 Kaco  2021/09/27 13:14 [Edit]

その後、同コンサートでの中村照夫さん、増尾さんたちのユニットの演奏動画も見つけました。
(たぶんこれは私も以前に見かけたことあったかも)

気になる方はこれもどうぞ
Gibraltar と Masquerade is Over


#4307 1994年NYでのコンサートの動画(増尾さん参加) Posted by 管理人 Kaco  2021/09/26 23:00 [Edit]

YouTube にこんな動画がアップされていました。
「Terumasa Hino 日野皓正 & Yoshiaki Masuo 増尾好秋 etc. / Sonny Moon for Two」
https://youtu.be/3hK6J_BuBgE

1994年、New York の Town Hall で「JAL Jazz Concert 94」というコンサートがありました。
そのコンサートにいくつかのバンドが入れ替わって演奏し、
最後にほぼ全員出てきてジャムセッションをしたときの、その最後の1曲です。
Jam session のメンバーは:
 日野皓正 (tp)、増尾好秋 (g)、大野俊三 (tp)、
 川崎燎 (g)、秋吉敏子 (p)、ビクター・ジョーンズ (ds)
 中村照夫 (b)、チャギー・カーター (perc)

当時、このコンサートが日本で放送されたときに、私は
知り合いからの電話で「今、増尾さんがテレビに出てる」と言われて
慌ててテレビを付けたので、録画はできず、
ずっと後になって映像をある方からいただきました。

長く観ていなかったので認識していなかったのですが、
このジャムセッションでは川崎燎さんと一緒に演奏されていたんですね。
貴重な機会でしたね。
そして増尾さんがレスポールを弾かれているし。

ちなみに、このコンサートでは、増尾さんは
中村照夫、増尾、ビクター・ジョーンズ、チャギー・カーター の
カルテットで Gibraltar と Masquerade is Over を演奏され、
さらにそこに Pooさん、日野さん、ヘレン・メリルさんが加わったメンバーで
 Autumn Leaves、You'd Be So Nice To Come Home to でした。
司会者はいたのですが、
増尾さんも、動画にもあるようにマイクを通して何度も話されていました。


私の持っている映像はダビングしてデジタルファイル化したもので
画質は劣るのですが、でもお宝です。


#4306 Re: 機械翻訳の実力に感心 Posted by 管理人 Kaco  2021/09/22 23:48 [Edit]

とつき さん、

そうなんです。DeepLの翻訳クォリティ、自動とは思えないほどですよね。
おっしゃるとおり、解釈のむずかしい箇所を ちゃっかり削ったりするなど、
あくまで機械翻訳ではありますけれど。
ざっと機械和訳を見ながら、ところどころ原文英語を確認するという、
とつき さんのやり方がベストかなと思います。

その寄稿をしてくれた ジョシュア・ブレイクストーンさんは、来年4月ごろに
また日本に来る予定があるそうで、もしも増尾さんとスケジュールがあえば
共演する可能性もあるとのことです。実現するといいですね。


#4305 機械翻訳の実力に感心 Posted by とつき  2021/09/22 19:16 [Edit]

Kacoさんから送られてきたメール(以下に引用)に従って機械翻訳で読んでみました。

***
 ギタリスト Joshua Breakstone は、jass guitar TODAY に増尾さんについて素晴らしい特集記事を寄稿しています(2021/6/9)。
 https://jazzguitartoday.com/2021/06/three-memorable-meetings-with-the-japanese-guitar-icon-yoshiaki-masuo/
 英文ですがよかったら機械翻訳を介してでもお読みください。 機械翻訳DeepLサイトがお勧めです:
 https://www.deepl.com/translator
 ここの無料コースは一度に訳せる分量に制限がありますが上記の長文記事をおよそ6回ほどに分けて貼り付けたら全て訳せます。
***

楽しめました。 自然な訳文で、ストレス無く(コピペはちょっと手間だけど、タダですから)読めた
のには正直少々驚かされました。 実は私、20年程前に勤め先が突然外資系になり社内メールは英語で、
という緊急事態に遭遇した経験があり、その時にも翻訳サイトのお世話になりましたが、当時は訳文が
意味不明のことも多々ありました。 それが今回は本当に自然でした。 特に、チンさんや直居さんの
名前の漢字はどうやって正解に辿り着いているのか、不思議です。 AI恐るべし。

一方、自然な訳文を優先するためか、一部の修飾的な文節を丸々カット(翻訳しない)するような
荒技も見せて、やはり原文を読むのとは情報量がちょっと違う感じ。 良く出来ているからと言って
丸々頼り切ってしまうのはちょっと怖いのだ、とも思いました。

いずれにせよ、楽しめた事は間違いありません。 Kacoさん、いつも色々ありがとうございます。


#4304 10月14日の予定はキャンセル Posted by 管理人 Kaco  2021/09/21 19:03 [Edit]

10月14日 Lydian での Joshua Breakstone (g) トリオ with 榊原太郎(b)、増尾
は、残念ながら中止となりました。

Joshua との共演、いつか日をあらためて実現してほしいです。


#4303 From Masuoページのスマホ対応 Posted by 管理人 Kaco  2021/09/17 18:02 -> Edited 20:03 [Edit]

サイトをスマホで閲覧する場合に、画面幅が狭くてもそれに合わせたレイアウトで見やすく表示されるように、
当サイト内の主だったページを数年前から少~しずつ、ちょこちょこと手を入れてきましたが、

今月は From Masuo コーナーにようやく着手し、From Masuo 全ページをスマホ対応へと改変しました。

その作業の際に、From Masuo 2014年~2019年あたりのページに、ところどころ
写真が表示されなくなっていた箇所があることに気付き、写真を復旧させました。
(もしかしてサイトのサーバー引っ越し時に、一部の画像をなくしたのかもしれません。)

From Masuo をPC で見ても、以前とほぼ変わりないのですが、
スマホでは、年別ページ切換メニューが、一度に全部は表示されず スクロールする形になります。


まだ、もうちょっと、気になる点はあるけれど、
ちょっと疲れて息切れしてきたのでひとまずページいじりは終了です。

Webページ記述に使用できる要素・機能の種類が、時代とともに増えたり削られたりするし、
閲覧する人たちは必ずしも標準的ブラウザーの最新バージョンばかり使っているとは限らないわけで、
いろいろ考え合わせていると迷うし、慣れないせいで試行錯誤もあって、
なかなか一発で決まりません。
でも、とりあえずは、これでひと段落にさせていただきます。


#4302 10月のスケジュール(更新) Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/09/05 15:44 -> Edited 09/07 19:33 [Edit]

増尾さんは今、なんと ハワイにいらっしゃるとのことでした。
バケーションを楽しまれているようで、よかったです。

みなさま、
秋のスケジュール、10月分をまずはアップしました。

11月についても上旬について簡単な情報だけアップしましたが、
11月以降についてはもうしばらく詳細など確認してから後日追記します。

【追記 2021.9.7】
10月末から11月のスケジュールも詳細など追加しました!!
いまいちど、スケジュールページを 再読み込み してご覧ください。


#4301 Re: 急に涼しくなりましたね、ご自愛下さい。 Posted by 管理人 Kaco  2021/09/04 11:43 [Edit]

遥 さん、
ほんとに ニューヨーク、ニュージャージーの洪水の被害は心配ですね。
多くのミュージシャンがいるので、たとえ身が無事でも楽器や家財道具など… 心配です。

増尾さんは今はカリフォルニアだと思っているので水害は心配していませんが、
今カリフォルニア州の山火事がすごいみたいで、人家のあるところまで影響が及んでいるようです。
大きな火事は州の北、サクラメントのあたりで、
増尾さんがいらっしゃるのは(ご住所とか全然知らないんですけど)たぶん州の南のほうだろうと思います。
カリフォルニア州の火事の現況をマップで見られるページを見つけました。
https://www.fire.ca.gov/incidents/
煙が近隣のユタ州にまで及んで PM2.5が飛んでいるそうです。
あちこちでいろんなことが起こるので、油断できませんね。
増尾さんのご無事を祈っています。

寒暖差には気を付けて過ごしたいですね。


#4300 急に涼しくなりましたね、ご自愛下さい。 Posted by 遥@千葉  2021/09/03 08:12 [Edit]

ハリケーンIdaの影響でNY、ニュージャージーに大きな被害が出ていますね。
NYが洪水、SF映画のようで驚きました。
増尾さんに影響が無いことをお祈り申し上げます。


#4299 チンさんとのDUO@六本木alfie Posted by 管理人 Kaco  2021/07/30 00:18 [Edit]

増尾さんの今回の日本滞在最後のライブに行ってきました。

チンさんと増尾さんのデュオは、何度聴いても、いつ聴いても素晴らしいのですが、
今夜は私にとって、なんだか一段と感じるところがありました。
いやはや、ほんとこんな演奏を間近で聴けるなんて最高です。

先日もだけど、今日も、増尾さん凄かったな~
リラックスして何げなく弾いているように見えて、ハッとさせられるような凄みを感じるというか...


平日だし、五輪期間中で緊急事態宣言のなか時短で、お客さんが少なめでしたが、
音が人に吸われないせいなのか? 音の響きが耳に気持ち良く届いて 耳が幸せでした。

来週 帰米されますが、10月に日本で、お仕事は中旬くらいからスタートされることになりそうです。

増尾さん、長い間日本にいらしてくださって、ありがとうございました。
シャーリーさんきっと首をながくして待ってますね。スムーズに帰米できますように。


#4298 直居隆雄さんとのDUO@AG22 Posted by 管理人 Kaco  2021/07/27 23:58 [Edit]

私にとってちょっと久しぶりのAG22でした。
増尾さんは、今回の珍しく長い日本滞在中、AG22にほぼ月一くらいのペースで出演されていましたが
私はこのところ忙しくて、数か月ぶりになってしまいました。

直居さんとのデュオでは、いつもながら主に直居さんが進行係で
曲についてちょっとした解説など話してくれるのが興味深かったりします。

でも今夜、サマータイムを、事前には何も話さず演奏されました。(よく知られてる曲ですが)
ウェス・モンゴメリーのやってた曲 風のアレンジでサマータイムをスタート。
聴いているうちに、Four On Six に似てるんだって気付きました。
というか、もしかして Four On Six そのもの??
ってことは、Four On Six を最初だけ サマータイム風にやった? 
始めサマータイムだったのは私の思い違いじゃないよね… ? と思ってたら、
また サマータイムのテーマ。やっぱりサマータイムだったのですね。
この曲については演奏後に解説してくれました。

直居さんがソロをとってる途中に、増尾さんがまさに Four On Six のフレーズをバックで入れると、
直居さんが ニヤリッ といい表情をされたのが印象的で、
お二人の間柄を象徴しているように私には感じられました。
そんなお二人の演奏、最後までとっても素晴らしかったです。

お店を出る間際に、そうだ!!と思い出して、AG22 のママ 大西さんに言ってみたんです。
 「増尾さん、MAGATAMA のライブでも「AG22」(という曲)を演奏されてるんですよ。」
 「え? そうなんですか?!! 他のお店でも?!!」
ご存知なかったみたいですね。  「はい、そうです。」
 「うわ~ ❤  嬉しい情報をありがとうございます。」
と、それはそれは嬉しそうでした。お伝えしてよかった。
(ちなみに大西さんはセイリング・ワンダーの頃から増尾さん大好きだそうです)
お店から出るエレベーターがもう来ちゃってドアが開いていたので、会話はそれだけ。
エレベータを呼ぶ前に思いついて話し始めていたなら、もうちょっと丁寧に話せたのに。
でも伝わったからOKですね。


#4297 Re: 行ってきました 吉祥寺サムタイム Posted by 管理人 Kaco  2021/07/22 12:15 [Edit]

とつき さん、
いつもライブ直後に様子を投稿してくださり、
しかもお知らせ情報もしっかり含めてくださって、ありがとうございます。

「2年ぶり」には私も、と意外な感じがしましたが、
去年はコロナで中止になったことがあって、J.J.Soul+増尾さん は2年近く間があいていたんですね。

永武さんが最初に「今日は2年分の演奏をしたいと思います」とおっしゃったときは、ただ
そういう心持ちで演奏に向かってくれるのねって受け止めましたけど、
いや、ほんとうに 2年分を聴かせてもらったかも?、っていう気がしました。(時短営業だったにもかかわらず)


1曲1曲が気持ちよく脳に心に染み渡って、スカッとしました。
増尾さんのギター、カッコ良くて気持ち良すぎる。 J.J.Soul トリオのメンバーがまた素晴らしかった!


増尾さんが10月にまた日本に来てくれるなんて、嬉しいです。
その前に、予定どおりに帰米できますように、
そしてコロナ禍のせいで超長期間アメリカに戻れなかったことの処理もうまくいきますように。


#4296 行ってきました 吉祥寺サムタイム Posted by とつき  2021/07/21 22:25 [Edit]

今宵は J.J.Soul+増尾さん。

永武さんのMCによると、「J.J.Soulと増尾さんの共演は2年ぶり」とのこと。
えーっ、嘘でしょう? 前回観たのはついこの間のような気でいましたが、2年前も前とは!

でもこのユニットがフレッシュなのは相変わらずで、世間はコロナや五輪でサエない感じなのに
(五輪がサエないとはちょっと残念ですけど、個人的な感想ということで)、2年前も今日も聴けた
「Wind Surfing」の疾走感は、これぞ夏! という感じで、久々にスカっとしました。

増尾さんは再来週に一旦帰米して、10月にまた来日するつもりだそうですが、コロナ騒動で米国に
無事入国できるか不安だそう。 無事に帰国できますように。


#4295 Re: 行って来ました 壱岐坂 Bon Courage Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/07/08 00:33 [Edit]

とつき さん、
お店の位置がすぐにわかって早めの開演時間に間に合ってよかったですね。
私も奥のカウンターで飲み物を受け取ってからやっと永武さんだと気付きました。

5人でやったビリーズ・バウンスは、成り行きでいきなりパッと決めてはじめたのに
演奏に勢いがあって凄かったですね。

どの曲もそれぞれのメンバーの表現がいろいろと素晴らしくて、素敵な七夕の夜でした。

また緊急事態宣言ですね。
増尾さんもうじきアメリカに帰っちゃうからできるだけライブに行っておきたいけど
残りの本数といい時短の時間制限といい、ああ 貴重だ。

皆さま、
スケジュールは、今のところ、7月29日が今回のご滞在の最終ライブになりそうです。
7月下旬に AG22 での直居さんとのデュオが追加で入ったようですが、
詳細を確認してから改めてお知らせしますね。


(全過去ログ) | [<<Older] [Newer>>] Page 6/6
Top of this page Maintained by: Kaco