Home | News | FmMasuo/blog | Report

> English

増尾好秋 Webサイト BBS

(全過去ログ) | [<<Older] [Newer>>] Page 5/5


増尾さんもご覧になっています / [ヘルプ]

件名:

本文 (使える飾文字):

お名前:   Email(省略可):
Password(後の修正用.半角英数4-10字): |
URL/City(省略可):


#4299 チンさんとのDUO@六本木alfie Posted by 管理人 Kaco  2021/07/30 00:18 [Edit]

増尾さんの今回の日本滞在最後のライブに行ってきました。

チンさんと増尾さんのデュオは、何度聴いても、いつ聴いても素晴らしいのですが、
今夜は私にとって、なんだか一段と感じるところがありました。
いやはや、ほんとこんな演奏を間近で聴けるなんて最高です。

先日もだけど、今日も、増尾さん凄かったな~
リラックスして何げなく弾いているように見えて、ハッとさせられるような凄みを感じるというか...


平日だし、五輪期間中で緊急事態宣言のなか時短で、お客さんが少なめでしたが、
音が人に吸われないせいなのか? 音の響きが耳に気持ち良く届いて 耳が幸せでした。

来週 帰米されますが、10月に日本で、お仕事は中旬くらいからスタートされることになりそうです。

増尾さん、長い間日本にいらしてくださって、ありがとうございました。
シャーリーさんきっと首をながくして待ってますね。スムーズに帰米できますように。


#4298 直居隆雄さんとのDUO@AG22 Posted by 管理人 Kaco  2021/07/27 23:58 [Edit]

私にとってちょっと久しぶりのAG22でした。
増尾さんは、今回の珍しく長い日本滞在中、AG22にほぼ月一くらいのペースで出演されていましたが
私はこのところ忙しくて、数か月ぶりになってしまいました。

直居さんとのデュオでは、いつもながら主に直居さんが進行係で
曲についてちょっとした解説など話してくれるのが興味深かったりします。

でも今夜、サマータイムを、事前には何も話さず演奏されました。(よく知られてる曲ですが)
ウェス・モンゴメリーのやってた曲 風のアレンジでサマータイムをスタート。
聴いているうちに、Four On Six に似てるんだって気付きました。
というか、もしかして Four On Six そのもの??
ってことは、Four On Six を最初だけ サマータイム風にやった? 
始めサマータイムだったのは私の思い違いじゃないよね… ? と思ってたら、
また サマータイムのテーマ。やっぱりサマータイムだったのですね。
この曲については演奏後に解説してくれました。

直居さんがソロをとってる途中に、増尾さんがまさに Four On Six のフレーズをバックで入れると、
直居さんが ニヤリッ といい表情をされたのが印象的で、
お二人の間柄を象徴しているように私には感じられました。
そんなお二人の演奏、最後までとっても素晴らしかったです。

お店を出る間際に、そうだ!!と思い出して、AG22 のママ 大西さんに言ってみたんです。
 「増尾さん、MAGATAMA のライブでも「AG22」(という曲)を演奏されてるんですよ。」
 「え? そうなんですか?!! 他のお店でも?!!」
ご存知なかったみたいですね。  「はい、そうです。」
 「うわ~ ❤  嬉しい情報をありがとうございます。」
と、それはそれは嬉しそうでした。お伝えしてよかった。
(ちなみに大西さんはセイリング・ワンダーの頃から増尾さん大好きだそうです)
お店から出るエレベーターがもう来ちゃってドアが開いていたので、会話はそれだけ。
エレベータを呼ぶ前に思いついて話し始めていたなら、もうちょっと丁寧に話せたのに。
でも伝わったからOKですね。


#4297 Re: 行ってきました 吉祥寺サムタイム Posted by 管理人 Kaco  2021/07/22 12:15 [Edit]

とつき さん、
いつもライブ直後に様子を投稿してくださり、
しかもお知らせ情報もしっかり含めてくださって、ありがとうございます。

「2年ぶり」には私も、と意外な感じがしましたが、
去年はコロナで中止になったことがあって、J.J.Soul+増尾さん は2年近く間があいていたんですね。

永武さんが最初に「今日は2年分の演奏をしたいと思います」とおっしゃったときは、ただ
そういう心持ちで演奏に向かってくれるのねって受け止めましたけど、
いや、ほんとうに 2年分を聴かせてもらったかも?、っていう気がしました。(時短営業だったにもかかわらず)


1曲1曲が気持ちよく脳に心に染み渡って、スカッとしました。
増尾さんのギター、カッコ良くて気持ち良すぎる。 J.J.Soul トリオのメンバーがまた素晴らしかった!


増尾さんが10月にまた日本に来てくれるなんて、嬉しいです。
その前に、予定どおりに帰米できますように、
そしてコロナ禍のせいで超長期間アメリカに戻れなかったことの処理もうまくいきますように。


#4296 行ってきました 吉祥寺サムタイム Posted by とつき  2021/07/21 22:25 [Edit]

今宵は J.J.Soul+増尾さん。

永武さんのMCによると、「J.J.Soulと増尾さんの共演は2年ぶり」とのこと。
えーっ、嘘でしょう? 前回観たのはついこの間のような気でいましたが、2年前も前とは!

でもこのユニットがフレッシュなのは相変わらずで、世間はコロナや五輪でサエない感じなのに
(五輪がサエないとはちょっと残念ですけど、個人的な感想ということで)、2年前も今日も聴けた
「Wind Surfing」の疾走感は、これぞ夏! という感じで、久々にスカっとしました。

増尾さんは再来週に一旦帰米して、10月にまた来日するつもりだそうですが、コロナ騒動で米国に
無事入国できるか不安だそう。 無事に帰国できますように。


#4295 Re: 行って来ました 壱岐坂 Bon Courage Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/07/08 00:33 [Edit]

とつき さん、
お店の位置がすぐにわかって早めの開演時間に間に合ってよかったですね。
私も奥のカウンターで飲み物を受け取ってからやっと永武さんだと気付きました。

5人でやったビリーズ・バウンスは、成り行きでいきなりパッと決めてはじめたのに
演奏に勢いがあって凄かったですね。

どの曲もそれぞれのメンバーの表現がいろいろと素晴らしくて、素敵な七夕の夜でした。

また緊急事態宣言ですね。
増尾さんもうじきアメリカに帰っちゃうからできるだけライブに行っておきたいけど
残りの本数といい時短の時間制限といい、ああ 貴重だ。

皆さま、
スケジュールは、今のところ、7月29日が今回のご滞在の最終ライブになりそうです。
7月下旬に AG22 での直居さんとのデュオが追加で入ったようですが、
詳細を確認してから改めてお知らせしますね。


#4294 行って来ました 壱岐坂 Bon Courage Posted by とつき  2021/07/07 22:30 -> Edited 23:21 [Edit]

初めて行くお店だったので、道を間違えないように曲がり角を曲がったら、お店の前に増尾さんやメンバー、
西松さんの姿が。 ここだここだと安心して横を通り抜け、お店の中に。

入り口で料金を払ったら、「あそこのカウンターで飲み物受け取って下さい。アルコールは無いです。」
との案内。 店の奥のカウンターに行き、中にいた人をろくに見ずに、「冷たい緑茶下さい。」
「あ、ちょっと今緑茶が、、」「じゃあ、冷たい紅茶で。」「はい、紅茶ですね。どうぞ。」という
やりとりをしたところで、「声や雰囲気が永武さんに似てる売り子さんだなあ」などと思って見たら、
なんとご本人でした。 出演者がこんなお手伝いをしているとはびっくりしました。

今日のびっくりはもう一つ。 「アートにエールを」や先日の渡米50周年ライブでサックスを吹いて
いた芹澤朋さんが見に来ており、2曲飛び入り参加でした。 しかも2曲目は予定に無かったのを急に
舞台に上げていきなりのセッション。 増尾さんが「何かブルースみたいなのが良いけど、何か良い
曲ないかな」と選曲も即興。 それがまたピッタリ行くのだからスゴイです。

念願の Shirley 生演奏も聞けたし、(ちょっと時間が短いけど)満足の夜でした。

とか書いていたら、東京はまた緊急事態宣言ですか。 なんだかなあ。


#4293 7/3の佐藤允彦さんとのDUO配信7/10夜まで Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/07/05 18:36 [Edit]

六本木Keystone Clubでの「増尾好秋・佐藤允彦 DUO」アーカイブ配信動画が7月10日まで観られます。
https://youtu.be/Me2MBwILVTE

今、1曲目 聴いてます ♪

是非ぜひ皆さまも観て聴いてくださいね。

よろしかったら投げ銭もお願いします。

投げ銭は、動画すぐ下の概要欄にもある 【投げ銭チケット購入サイト】のリンクからどうぞ。
7月10日 23時59分まで受け付けています。
投げ銭は1000円単位でいくらでも、金額×個数で自由に指定できます。


#4292 Re: 行けませんでした MAGATAMA@神田Lydian Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/06/27 14:19 [Edit]

とつき さん、
そうでしたか。振替公演とかち合ったのですね。
貞夫さんお元気なようで、よかったです。

1968年の渡辺貞夫カルテットのエピソード、ありがとうございます。
村上春樹さんがピットインに行ったそのときは、ベースが岡田勉さんだったのですね。

貞夫さんと言えば、私にとってはやはり増尾さんとの関連で思い浮かべることが多いです。

「Shirley」という曲を書かれたのも渡辺貞夫カルテット時代でしたね。
この曲を、ひょっとしたらまた増尾さんのライブで演奏してくれそうな気もします。
先日の演奏、すごく温かくてよかったです。


#4291 行けませんでした MAGATAMA@神田Lydian Posted by とつき  2021/06/26 16:32 [Edit]

その日は、4月28日に予定されていたものの緊急事態宣言で延期・振替となった、渡辺貞夫さんの
70周年(!)記念公演でした。(貞夫さんなので、ちょっと脱線レポですが少々お付き合い下さい)

サントリーホール(クラシックの殿堂)のせいなのか、感染症対策なのか、なぜか喋る用のマイク
が無いため、「こんばんは」も「ありがとうございます」も無くただ曲を次々と演奏する進行。
これで改めて、貞夫さんの喋る声、笑顔が大きなファクターだったのだと気付かされました。

それでも、1部終わりで休憩に入る時に貞夫さんは、右手人差し指で左手の腕時計を指差し、
今度は親指で楽屋の方を(ヒッチハイクのように)差し、その手を反転させて(ここに戻って
来る)というような仕草と笑顔。 ドッとウケる会場。 お茶目で元気な貞夫さん健在です。

会場入り口で配られた数ページの冊子に村上春樹が寄稿していました。その中の一節を抜粋。

「1968年に大学に入って東京に出てきて初めて新宿ピットインで渡辺貞夫カルテットを聴いた
時のことを今でも鮮やかに思い出せる。サイドメンはたしか増尾好秋のギター、岡田勉のベース、
村上寛のドラムだった。 18歳の少年の心をわくわくさせる何かが、その音楽の中に満ちていた。
その特別な音はまだ僕の耳にありありと残っている。」

思わぬところで増尾さんの名前を活字で見て、ちょっとうれしくなりました。(と、このサイトに
書くことのこじつけ)

しかし、Shirley の生演奏、聞きたかったなあ。 行けなかったライブはいつも惜しいものです。


#4290 まだ無題の新曲のタイトルについて思いをめぐらしてみた Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/06/24 16:33 [Edit]

昨夜の2曲目は(先日の渡米50周年のときも同じく)、まだタイトルの決まっていない新曲でした。

この新曲を1月に初めてライブで演奏されたとき、
増尾さんが演奏前に、曲の出来た いきさつを話してくださったんです。
説明の直後に曲を聴いて「なるほど、そういうことか! わかる~」って思いました。

新井薬師の石張り参道を歩くと、そういうリズムになるんですねぇ。
そんな軽快な足取りと共に、境内の木々や、清々しい空間、やわらかい日差しが思い浮かんできます。
この曲のテーマを聞くときは私も心の中で歩いています。

あれ以来、私の行ったライブに限って言えば
増尾さんはこの曲について初演のときのような説明をなさっていません。
コロナ禍による時短で単にトークの時間がとれないせいなのか?
それとも あまりそういう解説的なことをおっしゃりたくないのか?
とにかく、この曲をたいした説明なしに聴いている人のほうが多いのでは、と思っています。

もしも私がこの曲を、特に説明なしに初めて聞いていたとしたら、どんな風に感じただろう?...
たぶん何も知らなくてもいい曲には違いないんですが、聴きながら頭のなかで歩いてみたりはしないでしょう。
リズムについては何か思うかもしれないし、あるいはあまりに自然なので特に気に留めないかも。


とにかく、曲のタイトルに、できれば石畳を歩くようなイメージを盛り込まれてほしいかな、
と思って、タイトル候補を考えようとしてみました。でも、これが難しい。

一口に石畳といっても、敷石のサイズや形や並べ方はいろいろあるわけで、
この曲の元になったのは、細かい敷石じゃなく、神社や寺院の参道によくあるような
1枚1枚が大きい敷石なんです。
だから、敷石をただ stone-paved~ とか paving stones とか pavers とか言っても表しきれない。
しかも、新井薬師のは2通りのサイズの石が数個セットで1パターンを成す感じ(そこまでは
タイトルで表せなくていいけど)。

Walking on the Stones とかだと漠然としすぎかもしれないし、かといって
詳しく表現しようとするとタイトルらしくなさそう ...いいアイディアは浮かばずじまいです。

増尾さんのおっしゃる仮題「新井薬師」とか「薬師」あたりがよさそうに思いますけど、
今のところ仮のタイトルでしかないのは、何か別のアイディアを探されているのかもしれないですね。


#4289 MAGATAMA@神田Lydian Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/06/24 00:09 [Edit]

今夜のLydian、「まん延防止等重点措置」に切り替わってからも20時までの制限はそのままなので
開演時間が18時と早かったのですが、そこそこお客さんが入っていました。

そして時間はちょっと短めながらもトークを短めにして
2セット、4曲+4曲+1曲やってくれました。大満足です。
このところ、心身ともにたまっていた疲れがまだ抜けていない私ですが、
増尾さんと MAGATAMA のバイブレーションから、心地好いエネルギーをもらって
活性化されたようでした。

今日の目新しいことといえば、アルバム『24』に入っている曲 Shirley を演奏されたことです。
生で演奏されたのは初めてだそうです。
レコードでしか聞いたことなかった曲を、生演奏バージョンも聴いたら、
自分のなかで曲のイメージが一段と拡がったように感じて、いい曲だな ってあらためて思いました。

8月にはほぼ1年半ぶりに帰米してシャーリーさんとお会いになれますね。


#4288 「昨夜はありがとう。Life Is Good !」 Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/06/16 00:45 [Edit]

6月14日付けの増尾さんからの公開メッセージです。
このBBSページ最上部の FmMasuo リンクから観てください。

やっぱり大変だったでしょうね。PIT INN の準備から本番まで。
お疲れさまでした。

庭作業、私も最近は小さな庭木を手入れすることがあるので、写真を興味深く拝見しました。
訳あって手斧もちょっと使ったことあります。馴れてなくて下手ですけど。
増尾さんはペンシルバニアでたくさん薪割りされていましたね。
きっと巧みに効率よく作業されるんだろうな~ 
50周年記念ライブでお忙しかった直後にいっきに労作業ですから、どうぞお身体を休めてください。


#4287 Re: with 鈴木良雄、Re:行ってきました 新宿ピットイン Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/06/14 23:39 [Edit]

Shida さん、
Dolphy での様子を教えてくださってありがとうございます。

拝読したとき、日付けを覚えていて降り立った都市を覚えてない って、どういうことだろう?
と思っていたら、翌日 PIT INN で増尾さんが話してくれました。
渡米してちょうど1年後の6月13日に、ああ1年経ったんだな、と確認したことがあって
以来ずっと日付けだけは覚えている、ということなんですね。

記憶って、何かのきっかけで再確認したり人に話したりすると定着しやすくなるから、
なるほど、って思いました。

とつきさん、
直居さんとの電話について書いてくださってありがとうございます。

新宿PIT INNの配信、アーカイブで13日の2部を今も観られますね。
2部は、全体を通してホーンセクションの加わった豪華メンバーのセットでした。
ホーンパートのアレンジはたぶん増尾さんが全部書かれたのでしょうか。あんなに何曲も。
ホーンが加わると、ひと味もふた味も違ってきますね。

1部もよかったので、できれば見返したいけど、2部が観られるだけでもありがたいです。

増尾さんに大事なことを言い忘れていました。

   渡米50周年、おめでとうございます!!


#4286 新宿ピットイン アーカイブ配信 Posted by とつき  2021/06/14 20:03 [Edit]

アーカイブ配信、やってました。 入会はこちら https://streaming.pit-inn.com/pub/subscription
(支払いはクレジットカードのみです。)

2部だけでしたが、複数台のカメラで映像がスイッチされて、音質も配信にしては良い方に入ると思います。
(固定カメラで音質もスマホ録音みたいな配信もありますが、それらとは一線を画してますね、さすが。)
タイトルや演奏者のクレジットも入ってて編集は労力かかりそうなのに、昨夜の今夜でリリースできるのは
動画編集のソフトや機材が充実しているからなのでしょうか。 すごい時代だなあ。

ともかく、時間に囚われずに(1ヶ月の間ではありますが)映像付きで楽しめるので十分リーズナブルです。
コロナでお出掛け控えている方にも超おすすめです。


#4285 行ってきました 新宿ピットイン Posted by とつき  2021/06/13 22:11 -> Edited 22:33 [Edit]

いやー、時間が無さすぎる! ピットイン 2Days でも良かったなあ。

1部冒頭の新曲2曲あたりは良い調子でしたが、淳子さんのボーカル曲を「3曲たて続けで」とかいうあたりから
何か忙しなくなって来て、休憩もわずか10分足らず。

2部はホーンが4本入って、これが面白かったのですが、演奏時間が 1時間足らずというよりも30分強という
方が良いような短さで、実に惜しい。 もっともっと聴きたかった!

今日は全曲、増尾さんの曲だったのでアーカイブ配信もされるのでは無いかと思います。(未確認です。
すいません。) せめてじっくり繰り返し視聴してみたいと思います。 オンラインで観た方、どんな風に
見えて(聴こえて)いたのでしょう? ぜひ書き込みをお願いします。

Shida さん 「チンさんの親父ギャグがさく裂」、しばらく聞いてないので聞きたいです。 降り立ったのは
サンフランシスコだったと、昨夜一緒に渡米した直居さんに電話で確認したそうです。

ともかく、コロナが早く終息しますように。(今夜は、ソルティードックならぬグレープフルーツジュース)


#4284 with鈴木良雄 Posted by Shida  2021/06/12 21:28 [Edit]

こんにちは。今日はDOLPHYでチンさんとのデュオでした。
明日は増尾さんが50年前にアメリカに行かれた日なのですね。
チンさんがアメリカに行った日付をよく憶えているなと感心していました。
ただ、増尾さんはその時、アメリカのどの都市(ロスなのかどうか)に降り立ったかは憶えていないとの事でした。普通、日付は忘れてもどの都市に降りたのかは憶えていそうですけどね。
お酒もないし、5時半開始のせいか、お客の入りは少し寂しかったです。
お店のお客というよりミュージシャンのお客みたいな人が多かったですね。
チンさんの親父ギャグがさく裂していました。
増尾さんの柔らかいギターの音が良かったです。


#4283 Joshua Breakstone(g) 氏による増尾さん記事 Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/06/12 00:27 -> Edited 14:43 [Edit]

jazzguitarTODAY.com にアーティスト特集
「 Three Memorable Meetings with the Japanese Guitar Icon, Yoshiaki Masuo 」
2021.6.9 という記事がアップされました。
増尾さんと New York で交流のあったギタリスト ジョシュア・ブレイクストーンが、
増尾さんにインタビューしながら二人の思い出話もからめて書いています。
お二人の並んだ最近の写真も掲載されています。

Joshua Breakstone さんから増尾さんへの連絡メッセージ

> The article went up online:
>
> https://jazzguitartoday.com/2021/06/three-memorable-meetings-with-the-japanese-guitar-icon-yoshiaki-masuo/
>
> It’s coming up on your June 13th anniversary….
> 50 years since coming to NY- congrats, man!!!

50周年おめでとうとの言葉もありますね。

日本語訳をつけるといいのですが、今は私、時間が足りません。
英語で読むのが面倒な方は、DeepL というサイトの無料機械翻訳をどうぞ。
https://www.deepl.com/translator
ジョシュアによる記事がけっこう長文で DeepL がいっきに訳してはくれません。
5~6回に分けるといいと思います。

PIT INN もうすぐですね。私は14日締め切りの仕事をかかえていますが、
たぶん13日行けそうです。


#4282 Re: 新宿ピットイン & AG22 Posted by 管理人 Kaco [email]  2021/06/01 00:32 [Edit]

とつき さん、

PIT INN のネット配信や増尾さんの渡米50周年ライブの開演時間について、
お知らせありがとうございます。
みなさま、すでにお気づきのことと思いますが、増尾さんからの公開メッセージもご覧ください。


Motoko さん、
30日の増尾さんと井上智さんのデュオ、よかったんですね、きっと。格別なほどに。
なんかそんな感じが伝わってきました。私も行きたかったです。うぅぅ。でも、
様子を教えていただけて、すごく嬉しいです。ありがとうございます。

皆さま、
6月と7月の現時点でわかっているスケジュールをアップしてあります。
中部地方ミニツアーも、3本はおそらく決行されるようです。
チェックしてみてください。


#4281 AG22 Posted by Motoko  2021/05/30 21:45 [Edit]

今夜は久しぶりに高円寺のAG22に行ってきました。
井上智さんとのデュオは以前聞かせていただいてとっても素敵だったので、今夜も楽しみでした。
メロディアスで温かい増尾さんのギターに柔らかい智さんの音がからんで、とても素晴らしいライブでした。
Broadwayミュージカル「Kismet」で使われた「Baubles, Bangles and Beads」は初めて聞きましたが、いい曲でした。「Corcovado」や「Joy Spring」もかっこよくてお洒落でした^ ^
いい音楽を聞かせていただくと明日から(明日は月末なので仕事が忙しいのが目に見えてるので)また頑張れる気がします。

あ、そうそう、増尾さんコロナのワクチンを接種したので、8月から2ヶ月くらいアメリカにお帰りになるとおっしゃってました。


#4280 追加情報 : 新宿ピットイン ネット配信 Posted by とつき  2021/05/29 17:38 [Edit]

追加情報です。 緊急事態宣言が延長された事に伴い、生配信予定時間が以下の通りとなったそうです。

6月13日(日) 18:00 - 19:50

ネット配信はサブスクなので、この公演目当ての入会だったら6月になってから入会した方が良いのかも
知れませんが、ピットインの応援のためには早い入会も歓迎でしょう。

私は当日会場で聴くつもりですが、延長のおかげでアルコール提供が無くなり、またもや「ちょっとォ」です。


(全過去ログ) | [<<Older] [Newer>>] Page 5/5
Top of this page Maintained by: Kaco